魅力あふれるスポット満載の愛媛県新居浜市

新居浜市の人気ドライブコース

愛媛県新居浜市には、赤石山系や法皇山脈などの山々を囲むように、絶景のドライブコースが続きます。かつて世界一の産銅量を誇った別子銅山の記念館、銅山の遺構を活かしたテーマパークであるマイントピア別子の前を通り、四国中央市へと抜けていく、別子翠波はな街道です。
このドライブコース沿いには、巨大な藤棚のある森林公園やすらぎの森やあじさいロードなど、四季折々の花を楽しめるポイントがあります。四国中央市の翠花高原では、8月から10月下旬までコスモスの花が見頃で、高原が可憐な花で覆い尽くされます。8月中旬には、コスモス祭りが開催されます。

また、大部分が愛媛県の名勝に指定されている新居浜市側の別子ラインに架かるループ橋青龍橋は、鹿森ダムを背景に迫力のある風景を描いています。秋は紅葉に彩られて、一層美しい表情を見ることができます。いつ何度訪れても、大自然を感じながら気持ちよくドライブを楽しめます。

豪華絢爛な新居浜太鼓祭り

毎年、10月15日から18日には四国三大祭りのひとつに数えられる新居浜太鼓祭りが開催されます。その起源は鎌倉時代、あるいは平安時代までさかのぼるといわれ、地域の伝承によると、太鼓台は豊年の秋を感謝して氏神に奉納していたものとされています。別子銅山により地域経済が発展するにつれて、明治中期以降から太鼓台が大型化してきました。
現在、新居浜市には地区ごとに総勢52台の太鼓台が保有されています。厚さ30cmを超える立体刺繍で仕上げられた飾り幕の輝きを放ちながら、重さ約3t、高さ5.5m、長さ12mという巨大な山車となった太鼓台が市内を練り歩きます。豪華絢爛で勇壮な祭りは必見です。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です