冬だからこそ美しい!イルミネーションが楽しめる街3選

ケヤキ並木が光に包まれる!宮城県仙台

寒くてお出かけもおっくうになりがちな冬。でも、夜が長く空気が澄んでいる冬だからこそ楽しめるのが、街と人の心を彩るイルミネーションです。まず、オススメの場所が宮城県の仙台市。毎年12月中旬〜下旬に青葉区の並木道で開催されるイルミネーションは、1986年に市民ボランティアによって始まった歴史あるイベントです。今では、数十万に上る数のLEDが灯り、全国から200万人以上の旅行者が集まる、仙台の冬の風物詩となっています。見どころは、1日3回一旦すべてのイルミネーションを消して再度点灯するイベント。点灯する瞬間は息を飲む美しさで、きっと寒さも忘れてしまいますよ。

他にはない圧巻の美しさ!兵庫県神戸

阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意と、都市の復興・再生への夢と希望を込めて、1995年から毎年12月に開催されているのが、兵庫県神戸市のイルミネーションです。特徴は、ヨーロッパの教会や建物を思わせる荘厳な装飾。緻密に計算されたアーチ状の光のトンネルや、アーティスティックな光の彫刻作品は、他では見られない圧巻の美しさです。震災を機に始まったイベントですが、今でも訪れる人に感動と希望を与えています。

光と雪の美しい共演!北海道札幌

1981年に日本で最初の光の祭典として始まったのが、北海道札幌市で行われるイルミネーションです。北海道の自然や、クリスマスをイメージしたオブジェなどを見ることができます。札幌ならではの見どころが、雪景色も一緒に楽しめるところ。雪の反射も加わってよりイルミネーションが輝きを増し、幻想的で美しい夜を演出してくれます。クリスマス前の時期には、クリスマス市も開催され、雑貨やホットワイン・ドイツ料理なども楽しめます。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です